ホーム | カラコン被害は自分には起きないと思わないことが大事 »

2015年3月 4日

いかにもカラコンつけてますは嫌

たまに見かけるんだな、いかにもカラコンつけてますってのがすごく分かる人。もしかして自分もそう見られてると思うとちょっと怖い。
カラコンもなれてくるとだんだん感覚が麻痺してきます。メイクも服も一緒だと思います。

メイクも気づいたらとんでもなく濃くなってることもあるけど、だいたい写真に写ってる自分を見気づくんです。友達と比べてもすごく濃いなって。

カラコンも写真でおかしいなって気づくことがあります。デカいのはいいんですが、どうもバランスが悪いなって思うこともあります。白目がほとんどなくなってしまってて、たぶん怖がられてるんだろうなってその時気づいたり。確かにいかにも感はいやだけど、全くもって存在感がないのも嫌なんです。わがままでしょうけど、理想とするところがあるので仕方ありません。

メイクでもいかにも狙ってるというのはあまり好みません少し気をつけることで嫌な体臭を解消することができます。
保湿成分として最近よく耳にするヒアルロン酸は、元々真皮に存在しているものです。温度の低下による血行の悪化、汗や皮脂の分泌量の低下、外気の乾燥による肌の水分の蒸散、暖房の影響による肌の乾燥などにより、肌への負担が非常に大きいのです。
何故冬になると乾燥肌となるのか、その理由は簡単です。口コミや比較サイトなどの情報も参考にしてみると自分に合ったコスメを見つけやすくなります。そのような中、お肌のトラブルや悩みの多くが乾燥肌によるものが原因であったり、乾燥を伴うものが多いということが分かってきました。乾燥肌で悩んでいる人もちょっと食生活を見直してみたりビタミンを摂取して見たりするだけでも肌は全然綺麗になりますし乾燥肌で悩んでいる人も気にしなくなったという人もいらっしゃいます。
ストレスとシミの関係については詳しくは分かりませんが、経験からするとあると思っています。

ストレスが多いからか、どうも変身願望があるみたいで、ついつい思い切ったことをしてしまったりもありますが、自分らしい感じを出していけたらと常に思っています。

ハーフカラコンの人気は最近始まったことではなく、かなり前から人気があります。
メルベル以外にもたくさんあるんですが、今日は1年使用限定で紹介していきたいと思います。
ここで紹介するもの以外にもあるんですが、とりあえず私の独断で選びました。

  • メルベル
  • シェリエ
  • モテコンオーシャングレー
  • JOYPOP(ジョイポップ)
  • Funky Whip(ファンキーホイップ)

まず紹介したのが、日本の通販サイトで買えるもの。
つまり承認済みカラコンということです。
レンズサイズも概ね小さめのが多いですね。メルベルもシェリエも14.0mmですから。
ですので、サイズ小さめで日本で承認を取れてるのがいいなら、このあたりから選ぶのもいいでしょう。

  • ローズベリー
  • REVY
  • みんカラkingdom

こちらは個人輸入代行サイトで買えるハーフカラコンの1年使用です。
特徴はなんといってもレンズの大きさにあります。DIA15.0mmのローズベリーに、潰した着色直系が16mmもあるみんカラ、GLAMのハーフ系定番REVYは、14.5mmと14.0mmのがあります。
とにかくサイズが大きいのがいい、そしてハーフっぽいのがいいとなると個人輸入代行サイトを利用するのもありかな。
ただ、みんカラだけは送料無料ですが、あとのは送料が結構かかります。GLAMだと1,500円もかかりますから、レンズは安いけど、何だか損した気分になるかもね。

あとはサイズ的にいうと14.8mmという絶妙なサイズもありますよ。韓国カラコン14.8mmと15mmは16mmワンデーにもすがりたい気持ちも持っています。

韓国カラコンで成功するオシャカワにオルチャン

私が韓国コスメや韓国カラコンを知った頃といえば、オルチャンというワードがあふれ出してるときのことです。日本の雑誌やネット系でも、よくオルチャンって言葉は目にしましたよ。それに近づきたいという思いが出るのも分かる気がするくらい、やっぱり洗練されてる印象がありました。

確かに、同じような顔になってしまうのは否めませんが、私は15mmくらいでも十分可愛いのはあるし、人によっては16mmでもベストサイズだなと思うこともある。

要するに、時代遅れと言われようと、気難しい人たちは相手にせず、自分が可愛い、これぞ盛れると思った韓国カラコンで今はいいと感じてます。

このブログ記事について

このページは、cafeorgが2015年3月 4日 12:18に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「カラコン被害は自分には起きないと思わないことが大事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。